スマホ対応サイト/Presented by ふくラボ/スマートフォン対応サイトが
ご覧いただけます
福島のナチュラ
ルな注文住宅ママンの家はこちらをクリック
福島のナチュラ
ルな注文住宅ママンの家はこちらをクリック

メールセミナー全8回

安くてイイ家づくりの秘密

1,000万円台で満足行く家を建てる
ために必要な情報を全8回でお伝えします。
  • 第1回なぜ似た家が・・・
  • 第2回会社選びのポイント
  • 第3回安いよ安いよのワナ
  • 第4回資金計画のワナ(その1)
  • 第5回資金計画のワナ(その2)
  • 第6回200万円が消える話
  • 第7回建築業者が仕掛けるワナ
  • 第8回幸せになる人不幸になる人

お名前



Eメールアドレス



〒960−0684 福島県伊達郡保原町字万所26

会社概要

トップ > 会社概要

会社概要

社名

株式会社 カノウヤ

所在地

〒960-0684 福島県伊達市保原町上保原字万所26

TEL

024-575-2308

FAX

024-576-2204

E-mail

info@1kanouya.com

住宅事業部夢工房URL
太陽光発電事業部URL

http://www.kanouya3.com/
http://www.1kanouya.com/

設立

1946年 4月 20日

資本金

1,000万円

代表取締役

樋口 静克

社員数

16名

取引先銀行

福島信用金庫 東邦銀行

主要取引先

ワイビ(株)、京セラソーラーコーポレーション、サンヨー電気販売、郡山サッシセンター(株)

業務内容

住宅事業(住宅設計・施工管理)、不動産の売買
太陽光発電システム、屋根工事、
コンサルティング業、出版業

株式会社カノウヤの歴史

株式会社カノウヤは、創立者樋口清治が地元上保原小学校の建築の際に、屋根工事を請け負った事が、
屋根事業創業のきっかけと聞いています。

戦後、物資が無いときに、あちこちから金物を集めてきて、必要としている人の所へ持っていって、販売していたようです。
それから、祖父は、世話好きだったそうです。
「そうがい、清治さんの孫がい。あんたの所のじいちゃんは、で〜かいバイクに乗っていて、キンキン声でしゃべってたんだよ〜」
と、年配の方とお話する時には、必ず出る話題でした。

その世話好きの祖父が、瓦屋をやるきっかけになった出来事が、上保原小学校建設の際でした。
戦後まもなくの物資不足の時期、屋根を葺く瓦がない!と言うことで、あちこち探しまわった結果、
いわき市の北側に隣接している四ツ倉の工場を突き止め、鉄道を使って、瓦を仕入れたと聞いています。

それから、長男である父 静男 と、農業と兼業で、屋根の商売をしていたそうですが、
父が、自分で値段を決める事が出来ない農業はやめだ!と屋根工事を専業として始めたそうです。
私が、10歳小学校4年生の頃でした。

当時は、高度成長期の真っ只中。 仕事は次から次に入ってきて、こなしきれない状態になってしまいます。
私が小学校の頃、父に取引先から電話が掛かってきても、 「まだ帰ってこない、と言ってくれ」と、よく言わされていた事を
覚えています。 とうとう胃潰瘍を患い、胃の2/3を切除する手術を受けることになってしまいます。
現社長の樋口静克の思い出話でした。

1946(昭和20年)

樋口清治により、主に金物建材を扱う店として創業しました

1948(昭和22年)

上保原小学校建築を契機に屋根専門工事店として商売を始めました。

1960(昭和35年)

先代社長であった清治氏の長男 静男 が商売を手伝い始めました。

1972(昭和47年)

資本金を500万円にて、有限会社「かのうや」を設立し、代表に樋口静男が就任しました。

1991(平成3年)

現社長の樋口静克が入社しました。

1995(平成7年)

株式会社「カノウヤ」を設立し、代表取締役に樋口静男が就任しました。

2000(平成12年)

京セラと販売契約を結び「太陽光発電システム」の取り扱いを開始しました。

2001(平成13年)

樋口静男が退任しまして、樋口静克が代表取締役に就任しました。

2004(平成16年)

住宅事業部「夢工房」を設置し、住宅営業を開始しました。

2010(平成22年)

不動産事業部を設立しました。

地図