総合情報

  1. HOME
  2. 総合情報
  3. たまには瓦屋さんもやっていま〜す(o^^o)

総合情報

関連するタグをさらに見る

たまには瓦屋さんもやっていま〜す(o^^o)

2021.07.08

ぼっ、ぼっ、僕らは雨漏り探偵団(^^)

隣町の伊達市梁川町の方から電話有り。
「雨漏りしている所をシーリング業者さんに見てもらったんだけど原因が分からないという事なのでカノウヤさんで診てもらえませんか?」
いつもだと、屋根事業部の弊社専務が伺うんですが、現場で打ち合わせ中。

弊社組長(ママさん)から…
「社長が行って来なさい!」との命令。
梯子を積んだ軽トラで現場に向かいました。

築後40年以上のお宅によく見られる雨漏りでした。
瓦が割れたり、ズレたりしている訳ではないけど、たまに雨漏りする…原因は
古い瓦でねじれ(製品の誤差)が大きいので、瓦の隙間が大きい。
プラス、下地の防水紙がパリパリに破けている…状況でした。
真上から降る雨は大丈夫だけれど、西風混じりの雨が降っている時or雨混じりの西風が吹いている時…に雨漏りする。
根本的な解決策は瓦を全て剥がして、下地の防水紙をゴムアス系のルーフィングで貼り直し瓦を葺き直すか、全面的に葺き替える方法しかありません。

しかし、何十万円も掛かる内容だと直ぐには決められないとの事でしたので…
応急的に現場の養生テープで応急処置しました。
この方法でも、貼った部分は数ヶ月間雨漏りが防げると思います。
たまには瓦屋さんもやっていま〜す(o^^o)

TOP