社長からのメッセージ

  1. HOME
  2. 社長からのメッセージ

私達は、お客様の
夢の家づくりの味方になります。
私の心からの誓いです。

樋口 静克

株式会社カノウヤ
代表取締役

皆さんこんにちは。(株)カノウヤ住宅事業部“夢工房”の代表をしています樋口静克(きよかつ)と申します。 福島県県北地域の地元では、ご存知の方も多いのですが、 私の会社は、祖父の代から60年以上続いている瓦屋です。
老舗の瓦屋が何で家を作る仕事をするんだ? とお思いの方も、多いんじゃないでしょうか?あなた様は、いかがですか?
本題に入る前に、私の話にちょっとだけ付き合ってください。

家づくりの思い

家族みんなが
暖かく楽しく生活が出来る家を建ててあげたい

詳しく見る

祖父の代からの瓦屋と書きましたが、農家と兼業でやっていました。 蚕(養蚕業)もやっていましたので、家の作りは、農家づくりの大きな家でした。 土壁で天井が低く土間があるつくりで、蚕をやるには、適した家でしたが 決して、快適に住める家ではありませんでした。 もちろん私専用の勉強部屋などありません。
小学校の低学年の時は、母が、廊下の端をカーテンで仕切って、 そこに古い机を置いてくれて、勉強部屋にしていました。 柱と土壁の間に、外が見えるほどの隙間がありました。
吹雪の夜などは、雪が吹き込んで、目が覚めると布団の上にうっすら雪が積もっていた事も、 何度かありました。
また、お風呂とトイレ(と言うよりは便所と表現した方がぴったり)は、家の外にありました。 お風呂は一般的に言われる“五右衛門風呂!”でした。 文字通り、私と弟が鉄釜に入り、母が下から蒔きや古材を燃やして、お湯を沸かす、もっとも、古い形態のお風呂です。
もちろん、鉄釜を直接火で熱するので、風呂の底には、敷板を敷いています。 この板が木製の為にうまく体重を掛けないと、お湯の中から浮いてしまい、 足が、風呂釜の底についてしまい、やけどをしそうになったことも、何度かありました。
また、風呂釜の下から火を炊く為に風呂小屋内部は煙で充満して、母や私たち兄弟はみんなゴホンゴホンと 目から涙を出しながら、お風呂に入っていました。 特に冬は大変でした。 雪の降る夜には、母が、裸の私たち兄弟をおぶってくれて、 お風呂場と家を行き来してくれました。 その時の母の背中の温かさは、今でも覚えています。
その頃から、 母を楽にしてあげたい。 家族みんなが暖かく楽しく生活が出来る家を建てあげたい。
家を建てる仕事がしてみたい・・・ と思っていました。

訪れた転機

自分ができること、
それはお施主さんの為の家づくり

詳しく見る

地元の高校を卒業して、埼玉県川越市にある東洋大学の工学部建築学科に入りました。
マージャン・パチンコは全然興味がわかなかったのですが、 学業の傍ら、オートバイツーリングにはまって、時間があれば、あっちこっちを放浪していました。 なんとか留年もせずに、4年で大学を卒業出来、地元のゼネコンで8年間現場監督として、残業時間が100時間オーバーの生活の傍ら、土木と建築の知識を身につける事が出来ました。 その間に、建築士、建築施工管理技士、土木施工管理技士の資格を取得しました。
30歳が目前に迫ったある日、父から“そろそろ戻ってきて、家の仕事を手伝ってくれないか?” との声がかかりました。 根が素直だったので、言われるままに、実家に入り、 まだ家業であった、瓦屋をまじめに務めていました。その時期に5歳下の現在の妻と見合いをして、結婚しました。
バブルはとっくにはじけてはいましたが、社員さんも増え、順調に業績は伸びていました。
そして、ある時、転機が訪れました。

ある取引先の建設会社の後継者さんに、瓦の良さをPRしているときの事です。“樋口さん、もちろん瓦が良い事は、私たちもよく分かっていますよ。 でも、トタンとかコロニアルで取り合えず、家を安く建てておけば、 10年後、また、塗装工事とかのリフォームでまた、儲けられるじゃないですか・・・“
その言葉を聞いたときに、家を作っている人は、 必ずしも施主さんの事を思って、家を建てている人ばかりでは無いんだ、と気がついたのです。 それであれば、下請け・元請けなど、気にしないで、 自分がお施主さんの為に家を作ることも出来るのではないかと、考え始めました。

本格的な業務の開始

家づくりには様々な形がある、
今しか始める時期は無いと決断

詳しく見る

しかし、屋根工事の仕事は、工務店、大工さん、ハウスメーカーからの下請けの仕事です。
自分が直接家を建てる仕事をすれば、今までのお取引先のからの仕事が来なくなる事は目に見えています。20数人の社員職人さんを路頭に迷わせる事は出来ない・・・。
しばらく、悩みましたが、「今しか始める時期は無い!」と思い、全国の8,500社の工務店で組織されている、 安くていい家を作る会に加盟し、新世代木造住宅供給工務店の認証をもらい、本格的に業務を開始したのが、6年前の平成17年の3月でした。家づくりには、いろんな形があると思います。 坪単価26万8千円!と有名タレントを使ってテレビコマーシャルを流して、集まってきた人に最終的にはこんなもんですよと言って 坪40万円で家を売る方法。住宅一棟800万円!とチラシを撒いて、見込み客の方を集め、逆に金額の高い住宅を売る方法。 総合住宅展示場にウルトラマンや仮面ライダーを呼んでそれを見に来た人に、夜討ち朝駆けの営業をかけ、根負けしたところで契約を取る方法。
家を建てようと思って住宅会社の営業マンと打ち合わせをしてみて、初めてそのからくりが分かった方も 多いのではないでしょうか? そのからくりが分かって、「本当に安くて良い家なんか出来るはずなんて無いんじゃないか」、 とお思いの方も多いのではないでしょうか?
本体価格を安く見せて、オプション、追加金額で利益を取る方法。 カーテン、照明の入っていない、住宅の価格。家を建てるために必要な仮設足場、現場管理費、諸経費をあえて入れていない、住宅の価格。 それだけではありません。なんと、地盤の状況によって基礎の作りが変わってくるからと、 基礎の価格も住宅本体価格から抜いている会社があることも、事実なんですね。

私たちの家づくり

どうして良い家が安く出来るのか
あなたの目で確かめてほしい

詳しく見る

こんな事があたり前の事として、まかり通っている業界が、私は異常だと思います。私たちは、非常識な価格で高品質な住宅を建てる仕組みを取り入れました。始まったばかりの私の会社でも、安くていい家を作る会に加盟して8,500社の住宅会社と連係を組む事が出来た事で可能になったのです。 本当に安くて価値のある住宅を手に入れたいとお思いでしたら、 マスコミとプロがうなる私たちの家をご覧になってください。
どうしてこんなに良い家が、こんなに安く出来るのか?
そこで家を作っている人は、本当にあなたの幸せの家づくりを考えてくれる人なのか?
その会社で建てた人は、本当に満足しているのか? 厳しくあなたの目でお確かめ下さい。
家づくりで失敗しないためには、3社の現場見学会に参加されることが大切と言われています。
私たちが作っている家を他の会社と比較してみてください。
あなた様が計画している家のプランを私のところで、見積もってみて下さい。
そして、実際に私のところで建てられたお客様の生の声を聞いてみて下さい。
カノウヤ住宅事業部“夢工房”のお客様は、高品質の住宅を本当のお値打ち価格で手に入れられ、幸せな家族生活をすでに送られています。 是非一度私たちの見学会にご参加下さい。 私のところに問い合わせをしてみてください。(私「樋口」の携帯番号090-2026-3567です)今までの常識が変わって、あなた様の家づくりの夢が大きく膨らむ事でしょう。
皆様の家づくりの夢が成功される事を、心からお祈りしています。

(株)カノウヤ住宅事業部 夢工房  樋口 静克

経 歴

詳しく見る

昭和37年6月4日生

福島県伊達郡(現伊達市)保原町に生まれる
保原幼稚園、上保原小学校を経て保原中学校、保原高校普通科へ

昭和56年4月 18歳

東洋大学工学部建築科に推薦で入学する

昭和60年4月 22歳

大学を卒業後Uターンで地元のゼネコン(佐藤工業)に入社
各種の資格を取得(建築士、建築施工管理技士、土木施工管理技士、その他多数)

平成3年11月 29歳

7年半務めたゼネコンを退職し、実家であるカノウヤ(当時有限会社)に入社

平成4年8月 30歳

30歳になった夏、保育士をしていた現妻とお見合い

平成5年1月31歳

結婚披露宴 300人以上の方から祝福を受ける
設計事務所である「設計室Art工房」 を開設
難関の瓦ぶき一級技能士を、二級を飛び越し一発で取得

平成13年 39歳

京セラの薦めで、太陽光発電事業に取り組む

平成16年1月41歳

建設コンサルティング会社(ナック)の住宅商品開発システム、グランピアシステムを導入。
8,500社の工務店と共に良い家をお値打ちの予算で建てる活動(安くていい家を作る会)に参加する。

平成17年3月42歳

念願の住宅事業部の本格始動

平成19年45歳

コンサルティング事業部を開設

平成22年 12月

不動産事業部の設立

家づくりにとりくんだワケ

家づくりは、一生に一度の大きな事業です。その家で暮らして行く家族全員が幸せにならなければなりません。 建てたのは良いけれど、その後の生活が、余裕の無いものであってはいけません。最悪その家を手放さなくなる様な事があっては絶対にいけません。 そういった意味では、家づくりは真剣勝負です。 御主人様が自分の命を担保にする、命がけの事業です。 そのために家づくりには絶対成功しなければなりません。

家族の幸せ

家が完成してからの生活が大事だと
私たちは考えます

詳しく見る

ここで、家が完成した後の、ある二組のご家族の姿をご紹介いたします。
あるご家族は・・・毎月の住宅ローンを返すために、御主人さんは夜遅くまで残業をし、 休日も出勤しています。 奥様は、夜のバイトを始め、帰ってくるのは、いつも深夜。 その家庭のお子さんは、たまの休みの日もお父さんお母さんは疲れて休んでいるので、 遊でもらう事が出来ません。 子供なりにつまらない毎日が続いていました。ある日悪い友達に誘われて・・・・。
また、あるご家族は・・・休日は家族そろってワンボックスカーで買い物やドライブ。 仲の良い友人家族が集まって、バーベキューを楽しんでいます。 新しい家の中で、いつも笑顔が絶えません。
家を建てた事は一緒なのに、どうしてこのような違いが出てしまったのでしょう?

等身大の見学会

実際にお住まいの方の家を見学して
話を聞いていただく

詳しく見る

家づくりは、一生に一回の大きな買い物です。
普段の生活では、野菜や日用品を買うのでも、チラシの端から端を見て 他の店よりも1円でも安い店があったならば、遠くであっても自転車で駆けつけたり、 長い列を作っていても、長時間並んだりしては、いないでしょうか。
しかし金額が何桁も違う住宅に関しては、逆に深く悩まずに決めてしまう方が少なくありません。
担当してくれた営業マンが、真面目そうでかっこいい人だったから・・・ テレビコマーシャルでいつもCMを流しているハウスメーカーだったから・・テレビで有名タレントが26.8万円!安いね~と言っていたから・・ 展示場をまわって、3社から見積りを取って、一番安かったから・・ そのような理由で一生に一回の家づくりを決めてしまう方が多いと聞きます。
私達の会社では、総合住宅展示場に展示棟を出していません。 私の知り合いで、総合展示場に展示棟を出していた方がいて、展示場にかかる経費の話を聞いた事があります。

なんと! 1年に1千万円、10年で1億円! そのお金はどうなっているのでしょうか? 国から補助金が出ているのでしょうか?テレビ局が厚意でだだっぴろい一等地の場所を提供しているのでしょうか?そうで無い事は、ちょっと冷静に考えてみれば分かる事ですよね。 最終的には、すべてはその会社で家を建てる方の住宅価格でまかなわれます。 では、有名タレントを使ったTVコマーシャルはどうでしょう? 想像がつきますよね。 それから、営業マン。 住宅を売るためには、欠かせない存在と言われています。 家を建てた方のアンケートを取ると、営業マンの人柄が気に入ったので・・・と答える方が多いと聞きます。
しかし、人の給料が会社活動の経費の中では大きなウェイトを占めます。 多くのハウスメーカーの営業マンは、展示場を見てもらった方のお宅に先回りして、 帰りを待っていると聞いた事があります。あなたが、あるハウスメーカーの展示場を見てその帰りに買い物をして夕方、 家に帰り玄関から入ろうとしたら・・・ 先程の黒いスーツを着たハウスメーカーの営業マンが “お帰りなさいませ・・”と、迎えられる場面を想像すると、ぞっとしませんか? そのぞっとした営業マンの高い給料が、やはり家を建てた自分の住宅費から出ていることを考えると、 さらにぞっとしませんか?

家づくりのお手伝い

家は売り込まれて買うものではない、
お客様御自身が自由に決めるもの

詳しく見る

私達は実際に建てさせて頂いている家で定期的に見学会を開いています。 贅を尽くした総合展示場の家とは違った、お客様が実際にお住まいになられる等身大の家を見て頂いています。 またその場で、その家を実際に建てている方のお話を聞いて頂いています。 そうすることで、私達の会社で実際に家を建てられている方は、 どのように思っているのかを、分かってもらえるからです。
もし、建てられている方が、不平、不満だらけであったら、見学会にこられた方に全て分かってしまいます。 逆に言えば、私達にとっては、お客様にとって不満の残る家づくりは、 絶対出来ない状況で仕事をしているのです。
このホームページの中で私達の考え方、家づくりの想いを発信しています。家づくりに関しての正しい知識がつくガイドブックや施工例の映像を紹介させていただいています。 もちろん見学会に来て頂いたからとか資料請求して頂いたからと言って、 夜討ち朝駆けのしつこい訪問をしたり、電話をしょっちゅうかけたりすることは、決してありません。私、樋口静克が天に誓ってお約束いたします。
なぜなら、家は売り込まれて買うものではなくて、 お客様御自身が自由に決めるものだと思っているからです。 私達は「樋口さん。あなたに私達の家を作って欲しい」と言っていただける お客様の為に、存在する会社でありたいと思っています。
是非、あなた様にとって、どこで建てる家が本当に良い家なのかをゆっくり検討してください。この私達のホームページの内容がこれから家を作られるあなた様にとって何らかの参考になれば、私達にとってこれ以上の喜びはありません。あなた様の家づくりが成功することを心からお祈りいたしています。

実際に人が住む家を見て、その家が「全部で、いくらで出来るのか?」
また、その住宅ローンを借りた時に、全体の返済期間を通して、
「しっかりと返せるのか? 生活していけるのか?」を確認出来る、家づくりの基準を持つことなのです。

私たちカノウヤ夢工房では、通常の住宅業務だけでなく、消費者の方に正しい知識、 家づくりの基準を知っていただくために定期的に見学会・勉強会を開催しています。
会場では、 「住宅業界の見積もりのカラクリ」 「はずしてはいけない住宅ローンの原則」 「誰にでも分かる欠陥住宅にならないための現場確認のポイント」 について包み隠さず、皆さまにわかりやすく、すべてをお答えさせていただいています。
「不況でも安心できる住宅購入のポイント」
「最良の住宅ローン・資金計画」
・・・が知りたいと思われている方は、私たちの見学会・勉強会に参加してください。
私たちが発信する情報を、そして私たち自身を、厳しく試してみてください。 もちろん、家はどこで建てても自由です。 ただ、住宅業者を厳しく試す基準を知ることで、あなた様の家づくりは、きっと成功することでしょう。

家づくりのへのお問い合わせ
TOP