自然エネルギー事業部

  1. HOME
  2. 自然エネルギー事業部
  3. カノウヤ自然エネルギー事業部

自然エネルギー事業部

関連するタグをさらに見る

カノウヤ自然エネルギー事業部

2020.08.19

蓄電池、売れています(o^^o)

本日9年前に太陽光発電システムを設置されたお客様に来社頂きました。
10年経たずに設置コストを回収出来て、大変お喜び頂いていました。
ただFIT(再生可能エネルギーの高値段買取制度)は10年間で終了します。
11年目から売電単価が現在の売電単価の約1/5の9円/kWhになります。
そのタイミングに合わせて、売って儲ける(?)のでは無く、発電した電気を自分で貯めて使う事で電力会社から高い電気を買わなくしたい。
その上、万が一の大停電でも普段と変わらない生活が出来れば尚良いネ!
…って言う思いで蓄電池の設置を検討されていたそうです。
プラス、国(環境共生イニシアチイブ)、県、市から合わせて40万円位の補助金が貰えれば最高!

そこで本日お見えになられたお客様。
来年の5月で丸10年を迎えられます。
ご自身で一通り情報収集されて私の所で最終決定をされようと言う事でいらっしゃっていただきました。
その中で…
お客様:
特定負荷の蓄電池では200Vで動くIHクッキングヒーターやエコキュートって使えない。それらを使う為にはフルバックアップ(全負荷)の蓄電池でなければダメなんだよね。
僕:
その通りです。
ただフルバックアップの蓄電池は250万円以上しちゃうんですよ。
お客様:
でも、せっかく樋口さんに付けてもらったIHクッキングヒーターが使えなくなるのはもったいないし、これから石油の給湯器が壊れたらエコキュートを付けよう思っていたのにそれらが使えなくなるのも、勿体ないし…
僕:
ん?
あー、そうか!
特定負荷の蓄電池を設置すると200Vの電化製品が全部使えなくなると思っていたんですね〜と、この時点で初めて気が付きました。
実際は…
特定負荷の蓄電池を付けても通常は普通にオール電化の生活を続けられて、万が一の大停電の時だけ200V機器が使えないと言う事なんです。
ここで思った事。
僕達の役目は正しい情報を、総合的に分かりやすくお客様にお伝えする事なんだ!
これからも頑張ります(╹◡╹)

TOP